お客様事例医療法人社団 札幌道都病院様


  • 導入効果

    ・院内だけでなく見学で来院する病院様からも「素晴らしい」の声

    院内からの不満や問い合わせは全くありません。様々な病院様が施設見学で来院されるようになりました。口々に「素晴らしい」とのコメントをいただいており、評判が良いです。紙カルテから電子カルテに変えたことで、紙カルテの保管場所がなくなった分、スペースが広くなりました。レントゲン室だった場所はスタッフラウンジになって休憩や交流の場になり、紙カルテを保管していた場所は空き部屋になりました。

    業務に関しては、今まで学会発表に必要なデータを探すのに多くの時間が必要でしたが、データを探す時間が不要になりました。外来と会計待ちに関しては、電子カルテ導入後は殆ど待ち時間がなくなりました。

    院内における医療業務効率も向上し、職員の残業時間は月平均1~2時間程と、大幅な働き方改革も推進できました。


    ・医事会計システム連携による会計処理の自動化の実現

    医事会計システムとの連携により会計データの自動取り込みができ、自動精算機(診療費支払機)での自動対応を実現できました。以前は紙運用でしたので、毎月のレセプト対応を大人数で月初から締め日まで時間を費やしていましたが、システム化によりヒューマンエラーによるミスや不安もなくなりました。シーエスアイ社に要望を事前に伝え、リハビリを含め複雑な会計処理の数々を自動化する事ができました。これは、MI・RA・Is /AZの働きによる所が大きいです。


    ・導入にあわせてネットワーク設計の見直したことも安定稼働の一因

    システムが動かなくなると業務が回らないので、システムが円滑に動く仕組みを意識して設備投資に力を入れています。特に院内ネットワークは非常に重要だと思っています。ネットワーク機器はコストがかかっても信頼性の高いものを選ぶようにしています。今回の導入においてもネットワーク設計を見直し機器も統一しました。

    先日の北海道胆振東部地震においても、あらかじめ用意していた非常電源によって通常通り診療が行えました。近隣では機能停止してしまった病院もあり、たくさんの患者様が当院に来院されました。今更、紙カルテ運用に戻ることはできません。

    今後の期待

    遠隔診療やスマホ診療について議論され始めているので、将来は病院のあり方が変わってくるかもしれません。セキュリティを確保した上で、スマートフォンやタブレットで電子カルテを遠隔から参照できるようになることを期待します。患者様の中には、土曜日しか来院できない方もいらっしゃいます。遠隔診療が進めば、平日の昼休みにスマートフォンでの診療も可能になります。

    MI・RA・Is/AZについては、満足しており、今後もシーエスアイ社にはスマート医療の最先端となるものを作っていただきたいです。