IT技術の進歩を社会に還元することで
医療現場を支援

代表取締役社長 齋藤 直和

IT技術の進歩を社会に還元することで
医療現場を支援

代表取締役社長 齋藤 直和

日本の医療費は超高齢化の進展と共に上昇を続けています。
一方では医師の働き方改革が叫ばれるほど、日本の医療現場は疲弊していると言えます。

私たちはこれまでオーダリングシステムを中心に、病院業務の効率化を支援して参りました。
また、電子カルテシステムにより院内のコミュニケーションの円滑化や診療記録に対するアクセスビリティの向上を図ることにも寄与することができたと自負しております。

しかしながら臨床現場における診断・治療への支援や患者の皆様自らが治療を選択する場面への支援はまだまだ取り組むべき多くの余地を残していると感じます。

データの活用技術は日々大きな進歩を遂げており、臨床現場におけるデータ活用にも大きな期待が寄せられています。
私たちは電子カルテシステムの開発を通じ、データの活用により、臨床現場の負荷を軽減し、同時に診療の質の向上に寄与し、さらには患者の皆様が自らの治療に積極的に参加できる環境を整えていくことがこれからの使命だと考えております。

IT技術の進歩をよりよい社会に向けて還元するため、一層の精進をして参る所存です。引き続き何とぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 齋藤 直和