電子カルテの開発・販売|シーエスアイTOP >> サイトマップ
 
   
電子カルテシステムMI・RA・Isシリーズ導入状況
MI・RA・Isユーザーフォーラム
製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

ID-Link|地域医療連携ネットワークサービス

ID-Linkは、地域に分散した診療情報を統合して共有するネットワークサービスです。

ID-Link(情報公開用ゲートウェイサーバ)

ID-Linkイメージ

複数病院の診療情報を一覧表示
情報公開施設(病院等)のメリット 情報閲覧施設(診療所等)のメリット 患者さまのメリット
  • 検査や処方データ、医用画像データなど、診療情報提供書では伝えきれない詳細な情報提供が可能。
  • オーダリング・電子カルテシステムとの連携により、現場に負担をかけない情報公開を実現。
  • 医療施設間のコミュニケーション活性化による紹介・逆紹介率向上を支援。
  • 紹介患者の診療情報を把握することで、より質の高い診療が可能。
  • 専門医へのコンサルテーション時の情報共有ツールとして活用が可能。
  • 同一患者の診療情報を地域の医療機関が共有するため、転院や在宅療養時も安心。
  • 検査や処方などの重複削減による患者負担の低減。


 

ID-Linkの概要と機能

診療情報共有機能  
診療情報共有機能
・複数病院の診療情報を一覧表示
・処方・注射・検査・画像オーダの詳細内容は、アイコンからクリックにて表示
・日、月、年単位で参照でき、長期間に渡る診療履歴を把握
・入院期間や地域連携パスの適用期間を視覚的にわかりやすく表示
文書一覧機能  
文書一覧機能
院内文書(入院・退院サマリ、紹介状)をPDF形式にて参照
DICOM画像表示機能  
DICOM画像表示機能
医用画像を表示するDICOMビューアを搭載
   
ファイル共有機能
地域連携パスなど連携施設で共有したいファイルの登録・修正・参照が可能(履歴管理も可)
※共有するファイルに対応したアプリケーションが必要です。(Microsoft Excel、Wordなど)
ID-Linkの概要
  • 共有する診療情報は、各医療機関内で管理
  • サービスセンターでは、患者・医師等のIDとアクセス権、診療情報の所在のみを管理
  • 診療情報閲覧施設はWebブラウザから自院の患者IDで情報閲覧可能

情報公開用ゲートウェイサーバ 情報公開用ゲートウェイサーバ:
VPN装置と診療情報公開用サーバがセットとなったアプライアンスサーバです。
 ・サービスセンターとのVPN接続機能
 ・施設側オーダリング・電子カルテシステムとの接続機能
 ・医用画像管理システムとの接続機能
 ・高速レスポンスを実現するキャッシュ機能
ID-Linkの説明
お問い合わせはこちら
ページトップへ