お年寄りへの思いやりをITで提供できないかと思い描くS.R.さん。その優しさは必ず大きな花を咲かせることでしょう。

システム開発本部 システム部 第四課

S.R.さん プロフィール

北海道出身。某高専を経て医療情報を学ぶため進学。高専時代はロボットへの道に興味があった。CSI入社のため故郷釧路を後に札幌へ。

YouはどうしてCSIへ?

高専に通っていた時はロボット系の仕事をしたいと考えていました。もともと「何かを自分で作る」ということは好きでした。でもだんだんと医療の分野に興味が向いていったのです。地元ではお年寄りが多く、いわゆる高齢化社会を実感することが多々ありました。「この人たちのために、ITでできることはないだろうか」その気持ちは周りのお年寄りを目にするたびに、大きくなっていったと思います。そして情報医療の大学へ進学し、就職する時には「道内で医療に関係するソフトウェアの開発をしたい」という希望がだいぶ明確にありました。CSIはその希望にぴったり合致した会社でした。

  • どういう就活を行っていた?

    道内のIT企業を中心に説明会等に参加しました。

    その中で、特に「医療に注力している」と感じた企業の採用選考に申し込みました。

  • CSIにエントリーしたきっかけは?

    逆求人サイトに登録したところ、人事担当者の方からお声掛けをいただきました。

    Skypeでの面談なども行っていただき、社内や仕事などいろいろなお話しを伺い、自分に合いそうだと思ったので、エントリーしました。

  • 入社していま、どういう仕事をしている?

    部署内では、販売会社様からの問合せの整理やその対応、システム障害の改修等を行っています。

    販売会社様からの問合せには、電子カルテシステムの内容や取り扱いについてなどが多いです。

    まだ全て自分一人での対応はできませんが、先輩や上司の方に教えてもらいながら、対応しています。

    あと1年生の仕事として、毎日のポットのお湯の準備や、定時後のゴミ捨てを行っています。電話対応も積極的に行います。

  • 仕事で「楽しい」と思えるのはどういうとき?

    先輩や上司の方々に質問したときに、新たな知識を教えて頂けることです。

    特に、そのことがきっかけで長時間悩んでいた問題が解決したときには、達成感を感じます。

  • 初めてできる後輩へひとことお願いします。

    初めのうちは、慣れない環境に苦労することもあるかもしれません。

    ですが周りは優しい先輩方ばかりです。

    安心して入社の日を迎えて欲しいと思います。