電子カルテの開発・販売|シーエスアイTOP >> サイトマップ
 
   
                                                
2018年11月9日
株式会社CEホールディングス
株式会社シーエスアイ
株式会社イーエムシステムズ
 

病院と保険薬局の情報連携サービスにおける
株式会社イーエムシステムズとの協業


 株式会社CEホールディングス(東証一部)で、電子カルテシステムの開発・販売を行う株式会社シーエスアイ(代表取締役社長:齋藤 直和、本社:札幌市白石区)は、株式会社イーエムシステムズ(東証一部、本社:大阪市淀川区、代表取締役 会長 兼CEO:國光 浩三、以下 EMシステムズ)と、患者の安心・安全を一層高め、病院・保険薬局の業務効率化に資する新たなサービス創出を目的として、2018年11月から協業を開始します。
 
【背景】
 超高齢社会を迎えた我が国において、医療機関、保険薬局における薬剤の適正使用は一段と重要さを増していきます。国民医療費における薬剤料(2016年保険薬局薬剤料)は5.6兆円にのぼり、国民医療費においても大きなウェイトを占めています。また、今後は患者の体質や特性に応じた薬剤の効果的な使用が一層求められてきます。一方で、医療現場における長時間労働への対応も切実な問題となっており、これらを同時に解決していくことが大きな社会的な課題となっています。
 医師が作成する処方箋の多くは有効成分の一般的名称が記載されていますが、医薬分業が進んだ現在、その処方箋に基づいて保険薬局が具体的にどの製品を調剤したのか医師が把握しにくいケースが多く、また、保険薬局からの問い合わせ(疑義照会)による変更内容について簡便に電子カルテに反映する仕組みも普及しておりません(注1)。この度シーエスアイとEMシステムズは、これらの課題を解決するために新たな病薬連携サービスを共同開発し、患者へのより一層の安全性向上と業務効率化を支援致します。両社は医療現場の目的に応じた密度の高い連携を行うことで、更なる社会価値を創出する協業を進めて参ります。

【特長と機能】
EMシステムズとシーエスアイのデータセンターを接続する事により、以下の内容を実現します。

 ■ 病院・保険薬局向け病薬連携サービス内容

  1. 病院

 ① 調剤実施情報の参照(一般名から製品名や先発薬品からジェネリック医薬品に変更された情報など含む)

 ② 診察時に前回の疑義照会情報表示

  2. 保険薬局

 ① 処方箋情報の照会

 ② 患者情報の照会

 ■ 病院・保険薬局向け病薬連携サービスによるメリット

  1. 病院

 ① 実際にその患者へ調剤された薬剤の把握による診療の質向上

 ② 前回変更情報を踏まえた処方を行う事による保険薬局からの疑義照会の減少

  2. 保険薬局

 ① 前回変更薬剤を踏まえた処方箋による医師への疑義照会の減少

 ② 医師の判断に基づく患者情報共有による服薬指導の質向上

      

 ※ このサービスは施設間の情報共有に対して患者の同意が取得済であることを 前提としております。また、特定の保険薬局に患者を誘導することのないように配慮しております。

注1 参考資料 「処方内容の未修正による再処方時の誤り」
   https://jcqhc.or.jp/wp-content/uploads/2018/10/anzen_20181015.pdf
   公益財団法人日本医療機能評価機構HPより
   http://www.jcqhc.or.jp



プレスリリース本文はこちら
 
ページトップへ