電子カルテの開発・販売|シーエスアイTOP >> サイトマップ
 
   
                                                
2015年8月10日
株式会社シーエスアイ
 

電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」のクラウド対応
〜システムのTCO※1軽減やセキュリティ対策の強化を支援〜

 株式会社CEホールディングス(東証一部)で、電子カルテシステムの開発・販売を行う株式会社シーエスアイ(代表取締役社長:杉本惠昭、本社:札幌市白石区、以下 CSI)は、主力の電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」をクラウド対応し、本日より本格販売を開始します。
 
 政府諸施策により、地域医療連携、医療介護連携の構築が進められる中、当社がターゲットとしております中小規模病院におきましては、業務の効率化や医療安全の向上の観点からも、医療のICT化、とりわけ電子カルテシステムの導入ニーズが高まっております。

しかしながら、病院によってはサーバーの設置スペース、ICT運用要員の確保、さらに、震災などからカルテ等の医療データを守る方法等に課題を抱えている病院も少なからずあります。
これらの課題を解決するため、CSIは、既に一部で行っていた主力の電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」のクラウド対応を完了し、クラウド型システムとして現行のクライアントサーバー型システムと併売することとしました。クラウド型システムはデータセンターと現場に設置された端末で運用され、課題解決に加え様々なメリットが生まれます。
なお、CSIは、今後3年間で50件の導入を目標として、「MI・RA・Isシリーズ」のクラウド対応に取り組んでまいります。
 
主な製品の特長、および利用した時のメリットは以下の通りです。
1.省資源運用
 ■ システム運用をデータセンターで行うため、サーバー室などのセキュリティスペースの確保が不要となり、院内スペースを
   有効活用できます。
 ■ サーバーの運用コストに加え、空調費用や専門要員の確保・教育などのTCOを軽減します。

2.事業継続性の確保、セキュリティ対策
 ■ 安全なインフラ設備と強固なセキュリティを確保したデータセンターを利用することにより、データの保全性を
   より高めることができます。

3.地域医療連携システム等をスムーズに利用
 ■ 業界トップクラスの地域医療連携システム「ID-Link※2」や、介護システム「Personal Networkぱるな※3」との連携を、
   データセンター側の設定のみでスムーズに利用することができます。

4.現場ニーズにあった端末選択
 ■スマートデバイス等のマルチプラットフォームにも対応しています。
 
 CSIは、今後も政府諸施策を視野に入れながら、常に付加価値の高いサービスを提供し、医療機関の様々な課題の解決と、患者サービスの向上に貢献してまいります。
 
 ※1  TCO(総所有コスト)
コンピュータシステムの導入、維持・管理などにかかる費用の総額のこと。
 ※2  ID-Link
株式会社エスイーシー(本社:北海道函館市、代表取締役社長:永井英夫)が提供しており、各医療施設内の専用サーバに格納された診療情報を、同社のサービスセンタを経由して閲覧する仕組みとなっている。
 ※3  Personal Networkぱるな
エヌ・デーソフトウェア株式会社(東証二部、本社:山形県南陽市、代表取締役社長:佐藤廣志)が開発した医療・介護・生活支援一体型システム。CSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is」とシステム連携することにより、医療と介護の情報をシームレスに共有できる。
 


プレスリリース本文はこちら
 
ページトップへ