電子カルテの開発・販売|シーエスアイTOP >> サイトマップ
 
   
                                                
2015年7月7日
株式会社シーエスアイ
 

医療機関向け 地域連携室支援サービス「れんさく君」販売開始

 株式会社CEホールディングス(東証一部、以下 CEHD)で、電子カルテシステムの開発・販売を行う株式会社シーエスアイ(代表取締役社長:杉本惠昭、本社:札幌市白石区、以下 CSI)と株式会社 駅探(東証マザーズ、代表取締役社長:中村太郎、本社:港区西麻布、以下 駅探)は、医療機関における地域連携室支援サービス「れんさく君」を共同で開発し、本日より販売開始します。
 
 少子高齢化が急速に進行する中、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題の解決に向け、住み慣れた地域の中で患者や高齢者の生活を支える地域包括ケアシステムの構築が進められており、地域の医療機関や介護施設(以下、「地域連携施設」)と在宅医療の連携を通じた、新たなケア供給体制への変革が求められております。
 このような中、医療機関においては、地域との連携を担う部署である地域連携室が、患者の退院・転院調整や相談援助などを行うことが多くなっており、その役割は重要性を増しております。しかしながら、地域連携室では、地域連携施設の施設データを、電話などの手作業で収集しているケースが多く、情報収集のさらなる効率化が求められております。
 CSIと駅探は、CSIの医療情報システムの開発・販売ノウハウと、駅探のWebサービス開発・運営ノウハウを活かし、地域連携室の退院・転院調整業務を支援するWebサービスとして、れんさく君を提供するものです。
 
 れんさく君の主な特徴は以下の通りです。
1.れんさく君の機能
  ■ 患者自宅や勤務地周辺の地域連携施設を検索し、地図上で表示します。
  ■ 診療科目、施設基準、病床数、患者の受け入れ条件、介護施設種別等、地域連携施設の施設データ基本情報を
    閲覧することができます。
  ■ 担当者が個々に収集した情報や、評価・メモなどを、地域連携室内で共有することができます。

2.れんさく君利用のメリット
  ■ インターネット環境さえあれば、いつでも利用可能です。
  ■ 退院・転院調整時に必要な地域連携施設の情報を瞬時に把握できます。
  ■ 地域連携室内でのリアルタイムな情報共有を実現します。
  ■ 地域連携施設との連携強化、さらには患者サービスの向上に寄与します。
 
 
 
 近年、政府の方針等により、地域の患者に、効率かつ効果的に連続した医療や介護サービスが提供されるよう、医療機関や介護施設等の機能を分け、それぞれの役割を補完し合う形で、地域内での医療介護連携の構築が進められております。
 このような医療介護連携構築には、地域の医療従事者、患者・利用者の信頼感を醸成するとともに、連携に際してのルールづくりや、情報共有基盤の整備が必要不可欠です。
 CEHDは、情報共有基盤として、病診連携(「電子カルテ/地域医療連携ソリューション」、「Health Clover※1」)や医療介護連携(電子カルテシステム「MI・RA・Is」と「Personal Networkぱるな※2」との連携)に係るサービスを提供しております。
 CSIと駅探は、今後も政府諸施策を視野に入れながら、常に付加価値の高いサービスを提供し、医療機関の様々な課題の解決と、患者サービスの向上に貢献してまいります。
 
 ※1 Health Clover(ヘルスクローバー)
医療機関から患者やその家族の携帯電話・スマートフォンに、各種案内や健康コンテンツ等の提供を行うサービス。患者は診療予約や処方履歴・検査結果の参照等ができる。また、診療所から病院のMRIやCTなどの設備を予約することも可能である。
 ※2 Personal Networkぱるな
エヌ・デーソフトウェア株式会社(東証二部、本社:山形県南陽市、代表取締役社長:佐藤廣志)が開発した医療・介護・生活支援一体型システム。CSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is」とシステム連携することにより、医療と介護の情報をシームレスに共有できる。
 


プレスリリース本文はこちら
 
ページトップへ